米国カジノ産業

商用カジノ産業は、米国の観光産業において不可欠な役割を担っています。統計的には、およそ4人に1人の成年米国人が、最低年に一度カジノを訪問します。カジノは、相当な数の海外訪問者を惹きつけています。ラスべガス・サンズ(LVS)、MGM Resorts(MGM)、Caesar Entertainment(CZR)および Pinnacle Entertainment(PNK)のように、今日のカジノは、ゲームを越える超一流のエンターテイメント経験を提供しています。現代のカジノには、多様なアメニティがあり、多様な観光客を引きつけています。観光客は、カジノだけでなく、近隣のアトラクションもついでに訪問する傾向にあり、域経経済を刺激しています。カジノを訪れる年齢層は、21–35歳の若者がトップで、50–64歳の訪問率よりわずかに高くなっています。 統計によると、カジノ訪問者間の世帯収入は類似し、カジノ訪問者の世帯収入は、平均よりわずかに高くなっています。

ここ数十年間に、ギャンブルは、米国のいくつかの州で合法化され、カジノを含むギャンブルのエンターテインメント施設の数は、顕著に増加しました。公営カジノおよびゲーム企業は、ギャンブル施設およびプラットフォームを運営管理し、ラスべガス・サンズ(LVS)、MGM リゾーツ(MGM)、シーザーズエンターテインメント(CZR)、ウィンリゾーツ(WYNN)やメルコクラウンエンターテインメント[ADR](MPEL)によって実質上、支配されています。同産業全体としては、インディアン・カジノが現在もなお支配的で、商業カジノの数を大幅に上回っています。インディアン・カジノは、アメリカインディアン部族によって所有・運営されており、近年、保留地を超えて拡大し始めました。